RAW DESIGN / BLOG

1540

第4回恵比寿映像祭 – 東京都写真美術館

東京都写真美術館に第4回恵比寿映像祭を見に行ってきました。 映像はフィジカルなもので(も)ある … ――映像は、フィジカル[物質的、身体的]なもので(も)あるという基本に立ち返ってみます。映像が、物質的なさまざまな要件(人、社会、環境、ハードウェア、メディア、撮影技術、経済、流通システム、エネルギー供給・・・)に依存し左右される存在であることをあらためて考えつつ、映像を通じて体感する経験や知覚といった身体との関わりから映像をとらえなおす視点を、国内外のさまざまなアーティストの作品…

1535sumnail

和のよそおい -松園・清方・深水- 山種美術館

山種美術館に和のよそおい - 松園・清方・深水-を見に行ってきました。 会 期: 2012年2月11日(土・祝)~3月25日(日) 会場: 山種美術館 主催: 山種美術館、読売新聞社 開館時間: 午前10時から午後5時(入館は4時30分まで) 休館日: 月曜日 入館料: 一般1000円(800円)・大高生800円(700)円・中学生以下無料(但し、保護者の同伴が必要です) ※( )内は20名以上の団体料金、および前売料金 ※障害者手帳、被爆者手帳をご提示の方、およびそ…

1537sumnail

青森県立美術館 コレクション展 北の異才たち – パルコミュージアム

パルコミュージアムに青森県立美術館 コレクション展 北の異才たちを見に行ってきました。 (以下引用) 本州最北端の地「青森」。この北の大地からは、いわゆる「芸術」の枠組みに収まりきれない多彩な才能が生まれ、鋭い視点で時代をとらえたり、時代の表現を大きく変えていきました。 神仏像や美人画に独特の様式を打ち立てた棟方志功、写真界のミレーと称される小島一郎、ウルトラ怪獣の産みの親である成田亨、過激なオブジェ作品で世界を挑発し続けた工藤哲巳、1960 年代のアングラ文化を牽引した詩人で劇作…

1531

国立新美術館開館5周年 野田裕示 絵画のかたち/絵画の姿 – 国立新美術館

国立新美術館に野田裕示 絵画のかたち/絵画の姿を見に行ってきました。 以下引用 野田裕示(のだ・ひろじ/1952年 和歌山県生まれ)は、多摩美術大学を卒業した翌1977年には、南画廊の最年少作家として個展が開催されるなど、早くから才能を認められた画家です。しかし、80年代初頭より絵画の新しい可能性を求め、様々な模索を始めました。本展は、以来30年に及ぶ画家の取り組みを、進化を重ねる中で生まれてきた約140点の作品によって概観し、その試みが、日本のアートシーンの中でどのような成果を…

1521

DOMANI・明日展 – 国立新美術館

国立新美術館にDOMANI・明日展を見に行ってきました。 塩谷 亮 昨年に引き続き、国立新美術館にDOMANI・明日展を見に行ってきました。 新美術館設立5周年記念日で、全ての展示が無料で見れました。 また、エントランスでは、ノベルティとして、入館者にクリアファイルを贈呈していました。 阿部 守 児嶋 サコ 元田 久治 (以下引用) 「DOMANI・明日展」は、文化庁の芸術家在外研修(新進芸術家海外研修)制度により、海外研修を行った作家が…

1515

ジャン=ミシェル・オトニエル「マイ ウェイ」 – 原美術館

原美術館にジャン=ミシェル・オトニエル「マイ ウェイ」を見に行ってきました。 (以下引用) フランスを代表する現代芸術家ジャン=ミシェル・オトニエル(Jean-Michel Othoniel)の日本初となる個展「マイ ウェイ」が、3月11日まで東京・品川の原美術館(Hara Museum)で開催されている。 パリを拠点に活動するオトニエルは、80年代に硫黄や蜜蝋といった可変性のある素材を使った造形作品でアート界にデビュー。90年以降は、ヴェネツィアのムラーノ島で作られるガラスを用い…

1497

松井冬子展 世界中の子と友達になれる – 横浜美術館

横浜美術館に松井冬子展 世界中の子と友達になれるを見に行ってきました。 (以下、公式サイトより引用) この展覧会は、現在、その活動が最も注目される画家のひとり、松井冬子(まつい・ふゆこ)の、公立美術館における初の大規模な個展です。  横浜美術館では、2006年に「日本×画展 しょく発する6人」において、日本の古典絵画が受け継いできた美意識や主題、様式、技法などのうち、近代になって「日本画」の概念が成立する過程で捨て去られたものに、新たな価値や創作のてがかりを見いだし制作にとりくむ若…

1501

第1回 S▲NCH▲-K▲Iを開催しました

12月17日の土曜日に、三軒茶屋のにて三茶会改め、S▲NCH▲-K▲Iの第1回を行いました。 クリエイティブ業界の方が中心の主旨のないグダグダな飲み会です。果たして二回目はあるでしょうか。笑 年末のお忙しい中、69名の皆様にお集まり頂き、誠にありがとうございました。 次回も宜しくお願いいたします。 …

1493

建築、アートがつくりだす新しい環境―これからの“感じ”- 東京都現代美術館

東京都現代美術館に建築、アートがつくりだす新しい環境―これからの“感じ”を見に行ってきました。 会 期 2011年10月29日(土)‐2012年1月15日(日) 休館日 月曜日 (ただし1/2、1/9は開館)、年末年始(12/29~1/1)、1/4、1/10 開館時間 10:00〜18:00 ※10月29日(土)は21:00まで特別延長開館(入場は閉館の30分前まで) 会 場 東京都現代美術館、東京藝術大学(11/10-29「建築、アートがつくりだす新し…